やっぱりショートゲーム

このところ、90から101ぐらいで、ラウンドできています。

スコア改善の理由1:パター

理由は、パッターが好調なことです。そう思っているだけかもしれませんが、漠然とパターが良いことが自信にもなっています。目標は、憧れの27パット(2回に1回は1パットで3パットなし)ですが、これは、プロでもできていません。今のところ、1ラウンドのパット数は33〜30です。20 mぐらい離れいても、2パットで入れられる自信が出来てきました。。逆に「こんな場合は、3パットになっても、しょうが無い」と受け入れられます。

スコア改善の理由2:アプローチ

もう一つは、アプローチがよくなったことです。今まで、普通のショットの振り幅を小さくするとか、パター打ちとか、色々変えてきましたが、なかなか、安定して打てませんでした。不安なまま、打つので、さらに結果がついてきませんでした。

手首、腕と胸がつくる三角形を固定して、下半身を使って、上体を振る打ち方をするようになってからは、距離感も出るようになり、狙ったところに打てるようになりました。バンスもうまく使えるようになり、ダフることもかなり減りました。

まだ、「ベタピンに寄せてやる!」と意気込んでダフることはありますが、これは、どちらかと言えば、メンタルの問題と思われます。「グリーンのどこかにのれば、パターで行ける」とハードルを低くした方が、うまくいきます。

ショートゲームよければ全てよし

まだまだ、失敗はあるものの、ボギーペースでは回れるようになってきた気がします。ゴルフを始めて、30年近く経ちますが、やっと、ショートゲームの重要性を感じるようになりました。

ゴルフの醍醐味は、どうしても、飛距離のあるドライバーショットやキレキレのアイアンショットと思いがちですが、ホールにボールが入らなければ、スコアは確定しません。セカンドショットが直接入るのは、ホールインワンの確率以下ですから、パターが全く入らないなら、全くスコアはよくならないでしょう。

一方、地味とは言っても、アプローチとパターがうまければ、多少ドライバーやセカンドショットが悪くても、ボギーペースでラウンドできるのです。スコアが良いラウンドは、やはり気分がよく、次の目標への意欲も湧きます。

ショートゲーム上達の早道は?

パターやアプローチを上達するには、良いレッスンプロに助言を求めるのが一番早いと思いますが、良いレッスンプロに巡り逢うのは、結構、難しいように思います。

とにかく色々試す

私の場合は、試行錯誤でした。

最初に良くなったのは、バンカーショットです。バンカー練習場を独り占めできるところで、色々打ち方を試してみて、打ち方を見つけることができました。一度、出来るようになったからと言って、ずっと安定するわけでは有りませんが、不調の期間は、毎回、短くなっているように思います。

一口に色々試すと言っても、手首の使い方、リズム(テンポ)、ボールの位置、砂の取り方、バンスの使い方など、変えるポイントは、沢山あります。また、これは、ダメと言われていることが、あなたには、合うこともあるので、先入観なしに、色々試してください。

もちろん、道具を変えるというのも有りです。うちの嫁さんなどは、アイアンセットのサンドウェッジから、クリーブランドの軽量スチールに変えただけで、バンカーショットがうまく打てるようになりました。重くなって、振り回さなくなった為に、安定して脱出できるようになったようです。

まとめ

まずは、パター、アプローチ、バンカーショットどれか一つを極めてみては?

パターなら、買い換えてみるのも一興かもしれません。8月のギア猿では、華丸さんが激変してましたよ。(パター選びをサルベージ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA