ロシアンパワー炸裂

トレーニング開始67日目で、ラウンドを迎えた。前回も、前々回も散々な目に合っているコースだ。ただし、今回は、懲りて、一つ前のレギュラーティでラウンドした。

練習場

ラウンド前の、アプローチ練習で、大体、その日の調子がわかる。5ヤードほどを力を入れずに、打ってみると、球の上がり具合で、ラウンドの調子がわかる。

寒いのか、ボールが硬くなっているのか、いつもより、よく飛ぶ。調子の悪い時に、ヘッドがトップしたり、被せ気味になってしまうのとは、違っている。これでは、調子の判断がつかない。

次に距離を伸ばして、練習した。30ヤードは問題なしだが、40ヤードは、やや、打ち込み気味で、トップも出てしまった。ただ、距離感は出ている様だ。

また、アプローチの52度縛りをやめて、56度も使う様にした。やはり、高くあげるときは、56度の方が楽だ。

ドライビングレンジ

Zepp のセンサーは、つけ忘れてしまったが、調子は、全般的に良さそうだ。ドライバーは、右目に出るが、OBまでは、行かない感じだ。アイアンも、フックが出たが、バックスイングをアウトサイド気味にして、修正がきく状態だった。

ただ、3番ウッドは昨日の練習場から調子がイマイチだ。使うのは、多分、一番長いパー5だけだが、少々不安だ。

パター練習場

距離感はまずまず。方向も出ている様だ。あとで、聞いたのだが、この日は、10.2フィートとかなり速い設定だった。

15mぐらいが決まるというほどではないが、そんな距離でも楽々ワンパットぐらいには寄せられそうだった。

1番ホール

今日は、畑岡奈紗プロが、我々のコンペの前をラウンドしていた。前進3打の黄色マークを超えて、二段になっている一段上のフェアウェイまで、飛ばしていた。ただ、最初のホールということもあり、それほど、振ってはいない様だった。

今回は、私よりも5、6歳年上で、いつも飛距離で全く置いていかれるF氏と、昔はさぞ、うまかったと思われるA氏とのラウンドだった。

私は最後に、ティーショットを打った。練習場で、右目に行くのはわかっていたので、右OBに、ならない様に、左を向いて、ショットした。

出球は予想通り、プッシュアウトして、結局、真っすぐ飛んだ。なんと、右フェアウェイに落ちた。黄色マークも超えた。何回もこのコースでラウンドしているが、上の段のフェアウェイまで、飛んだのは初めてだ。

残りは、140ヤードの上り。9番では少し、大きかったが、上りもあるしと、気軽に打った。なんと、ピンを2mほどオーバーしたが、バーティチャンスとなった。これを入れて、なんとバーディ発進だ。このコースでは、初めてかもしれない。

次のホール

次もドライバーショットは、うまくいって、フェアウェイキープ。ここで、欲が出る。5番アイアンでもよかったのに、調子の悪い3番ウッドで打ってしまった。右プッシュアウトで、林へ。なんと、目撃者多数にかかわらず、ボールはロストに。結局、8打を叩いて、今日の最悪ホールとなってしまった。

前半のもう一つのパー5のロングホールで、今日初めてティーショットが乱れた。完全な打ち損ないだ。一つ前のホールで、10mのパットをしっかり寄せて、パーを取ったので、慎重になりすぎた。

ダウンブローに打ってしまった。多分、バックスイングが全く取れていなかったのだろう。2打目は、爪先上がりのきつい傾斜に落ちた球を調子の良いC+で打ったが、ラフに喰われて、ヘッドは右を向き、メンテナンス道路を転がって行った。ここから、なんとか、持ち直して、ダボで切り抜けた。

前半は、そのあと、2つパーをとり、1バーディー4パーの43だ。ハーフ30台が見えた感じがした。

後半

後半は難しいホールが続く。特に、後半の後半は難しい。

食事の後のティーショットは、今日2回目の失敗だ。しかし、パー5なので、取り返せるはずだった。しかし、ここで、なぜか、また調子の悪い3番ウッドで、2打目を打ってしまう。距離が短いパー5なので、アイアンで、十分だったのに、完全に、マネージメントミスだ。打球は、右プッシュアウトして、岩の間に。岩が邪魔で、後ろに出すしかなかった。

次のティーショットのミスは、最近相性の悪い12番ホールだ。この日も警戒して、5番アイアンで打ったが。なんと、ダフって、OB。今日唯一のOBだ。暫定球は、3番ウッドで打った。また、調子が悪いのを忘れている。右目に出て、そこそこ、距離を稼いだ。しかし、下りのマイナス15ヤードがどうしても合わせられない。今日も、グリーンオーバーしてしまう。結局、トリプルだ。

警戒していた、長いパー5では、3番ウッドがまっすぐに飛び、なんと久々のパーだ。次のパー3もパットでなんとか納めて、池越え名物ホールに向かった。

ティーショットはまずまずで、残り、池越え195ヤードだった。C+でも行けそうな距離だったが、今日の成績では、心許なかった。結局、迂回策を取るが、3打目を載せられず、迂回したのに、ダボだ。

最終ホールもティーショットは、フェアウェイキープ。4番アイアンで、届く距離が残った。今日は、一度も使っていないので、ボギーでよしとして、5番で打つと、なんとダフってしまった。3オンはしたものの、まさかの3パット。ギリギリ、50切りで、トータル92だった。

まとめ

トレーニング開始67日目にして、コースでも結果が出た。

いつも、ティーショットで置いていかれるF氏を10ヤードほどは確実にオーバードライブできた。

ドライバーショットの失敗は2回だけ。ティーショットの失敗は、他に、ピッチングウェッジ(フック)と5番アイアン(ダフリ)だけだった。

ドライバーの飛距離は確実に伸びた気がする一方、今日は、8番より短いアイアンでが距離が短目だった気がする。高く上がり、風の影響を受けたのかもしれない。これは、要注意だ。以前は、10ヤードぐらい伸びた感じがしていた。

アプローチのミスショットはなかったが、距離が合わない場面があった。56度でもアプローチする様になったので、距離感を掴む練習が必要だ。

パターは短いのを外したのが4回で、このうち、横につけたのが2回だ。寄らなくても、上りパットが残る様にグリーンオンするか、最初のパットを打たないと、やはり厳しい。

とにかく、「ロシアンパワー養成法」で、ヘッドスピードは上がり、スコアもよくなる様だ。

問題は、このトレーニングをやめられなくなったことだ。

次は、ハーフ30台が目標だ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA