フットジョイ DNA Boa (ASIN: B07647QZQ8)

6月にネットショッピングした靴をやっとデビューさせた。今年は、雨のラウンドが多く、順延になっていたのだ。

今まで靴は、同じくフットジョイのEXLだった。鋲が6つしかないためか、減りが早い。ギリギリ持たせて、半年毎に交換していた。本当なら、10ラウンドしたら、交換という感じだろう。度重なる交換もあり、スパイクのネジが壊れてきたので、この辺りで、新調することにした。

最初は、同じモデルを探したが、すでに、生産終了していた。後続のEXLはあったが、スパイクの減りが気になったので、スパイクの数が9個になったDNA Boaに決めた。

同じメーカーなので、試着は不要と思い。同じサイズ、同じワイド(2E)を購入した。

履いてみると、サイズは問題ない。しかし、見るからに幅は小さめで、案の定、右足の小指が当たる。前のEXLでは、靴下を2枚履いても、指が当たる感覚はなかったので、全体的に、細いようだ。やはり、靴はネット購入する前に、どこかで試着した方が良いようだ。

この靴は、紐でなく、ワイヤーをダイアルで締める方式だが、この効きが前より、格段スムーズだ。ダイアルを引っ張り、緩めると、完全にスリッパのような状態になる。打つ前に、締めて、あとは、緩めておけというコンセプトだろうか?私は、歩いてラウンドすることが多いので、完全に緩めてしまうと、歩けない。

この靴でやっと3ラウンドだが、やはり、スパイクの減りは気にならない。体重が分散されて、1スパイク当たりの負荷が減るのだろう。逆に、前より、重心位置の感覚が分かりにくくなった。あくまで、比較で、重心がわからなくなるわけではない。以前のEXLでは、重心のズレが顕著にわかって新鮮であった。

今回、連チャンで回ったが、歩くと、前より疲れる。これは、インナーの違いのようだ。以前は、土踏まずにしっかりインナーがフィットしていたのだが、今回のインナーは、少し、土踏まずの部分が低いようだ。隙間があるのがわかる。これは、個人差なので、メーカーの責任というより、 EXLとの違いだ。たまたま、EXLが私にぴったりだったというこだ。

インナーは別売があるので、入れ替えてみようと思う。小指の窮屈感も緩和できるかもしれない。

教訓は、「靴は試着すべし」ということだろう。同じメーカーでもモデルが違えば、サイズは違うと考えた方が良さそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA