ゴルフスイング測定器 Zepp を使ってみる

golf swing 3D

Zepp ゴルフ 2 スイングセンサーを使ってみた。

届いたパケージを開封して見ると、入っているのは、本体、本体を手袋につけるクリップ、本体を充電するケーブルのみである。今流行りの使えばわかる式の装置である。

Zepp 2 inside the package
Zepp2同梱品

正直どうすれば?本体のボタンを押しても何も起こらない。iPhoneアプリを導入するはずだが?

次の一手

気にもしていなかったが、もう一つ保証書と称する紙が一枚入っている。よく見ると、「保証書兼簡易説明書」となっている。これにアプリのダウンロード方法が書かれている。「AppStoreで”Zepp”検索」である。

アプリをインストールしたら、アカウント作成である。メールアドレスとパスワードを登録するだけ。どうやら、複数人でも使えそうだ。

電源オン

次は、接続。iPhoneのBluetoothをオンにしても接続されない。当たり前!本体の電源が入っていない。スイッチを押しても電源オンにならない!初期故障?充電されてない?

これは「センサー管理」の画面で解決。「ボタン長押し」である。4秒押し続けると、LEDが光りだした。ちなみに、消す時も同様だ。

Power on instruction
電源の入れ方を表示させる

スイッチがどこかに当たって、電源が入ったり、切れたりするのを防止するためであろう。アメリカ人が好きなボタンの使い方だ。ホテルのテレビなどで、よくあるパターンである。

さあ打つぞ!その前に

準備完了だ!手袋に装着して、アプリの「3Dスイング分析」を起動すると、「較正しろ」といってくる。早く振りたいのを我慢して、較正を行う。といっても数秒、じっとするだけ。

いよいよ、初スイング!なんと、採れている!

golf swing 3D
Zepp2で計測したスイング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA