Zeppで集計データが見られる!

1年半以上も、Zeppのスイングセンサーを使っているのに、スイングの集計データがサイト上で確認できることに、今日気がつきました。

きっかけは、Zeppでとった生データを取得できないかと、Google検索したことです。テニスでデータを取得したという記事が見つかりました。しかし、私の欲しいのは、スイングデータで、この記事は、どうやら、採点データだけを問題にしているようでした。

ひょっとすると、Zeppのサイトで、PCでも、3Dスイングデータが見られるのかと、のぞいてみます。

Zeppを使うには、メールアドレスとパスワードを登録する必要があり、同じアクセス情報で、ZeppのMY ACCOUNTからanalysis(解析)のページにログインできます。

なんと、グラフで、今までの成果(?)が見られるじゃないですか!

徐々にドライバーの調子が上がってきたなと漠然と感じていたましたが、グラフではっきりわかります。ヘッドスピードは以前より、5m/s上がり、4台だったテンポも3台で落ち着いています。

逆に問題もわかっりました。ハンドプレーンがプラス傾向です。手が、インパクトで、アドレスの時より上を通過しています。体が起きるなどして、スライスの原因になります。多分、上半身の使いすぎでしょう。しかし、切り返し後は、もう早くて、体の動きを意識して治すことはできません。そこまでで、何か直すヒントを見つけなければならないでしょう。

以前、ログインしなくても、見れたトレーニングセンターのコンテンツも、MY ACCOUNT内に移動していました。ハンドプレーンを治すドリルを見つけたので、実践してみようと思ます。

本体を買った後は、サイトの機能を使うのに、お金を払っていないので、ちょっとお得感があります。しかし、会社が潰れたら、このデータにはアクセスできなくなるのは、ちょっといただけない。うまく、発展して欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA