M1 アイアンの特徴

TaylorMade M1アイアンの特徴を 何もここで、書かなくても、本家本元に解説してある。(Mシリーズアイアン)しかし、メーカーのホームーページはモデルが変わると無くなってしまったりするので、あえて、記載しておく。

ポケットキャビティ

見た目は、最新モデルによくある、いろいろなものが付いているタイプである。年配上級者には嫌われる構えかもしれない。キャビティアイアンでもポケットキャビティの部類である。マッスルバックと呼ばれる裏がのっぺりとしたものは、本当に芯に当たらないと飛ばないが、こちらは、多少のミスがあっても大丈夫だ。

Taylormade M1 #7

そのため、キャビティアイアンなど、「簡単なクラブを使っているとスイングが良くならない」と敬遠する人もいる。畑岡奈紗 プロみたいに5年でプロのメジャー大会で優勝できれば良いが、こちらは、老い先短いのである。クラブにお任せするしかない。

たくさんのスリット

とにかくスリットがたくさんついている。

まずは、ソールに、フェース面と平行にスリットが入っている。”スピードポケット”と名前がついている。インパクトの瞬間、フェースがたわみ、これで飛距離を稼ぐわけである。というわけで、距離を伸ばさなくて良い#8以降の番手には付いていない。

ネックにもスリットが付いているが、これの説明はない。しかし、これでヘッドがたわむのは確かである。

フルーテッドホーゼル

ネックには角ばった部分があり、フルーテッドホーゼルという。これで強度を稼ぎ軽量化しているそうだ。スイングするとこれが風を切って、笛のような音がする。

フェーススロット
フェーススロット

フェーススロット

表、フェース面から見ると、縦に2本のスリットが見える。”フェーススロット”と呼ぶ。これで左右のブレを調整してくれる。

ストロングロフト

次に飛ぶと勘違いするしかけが、ロフトである。いわゆる、ストロングロフトで、今で使っていたPRGRとは1番手違う。
下の表が、各番手とロフトだ。1番手づつ、ずらしているので、よくわかると思う。

M1 番手 #4* #5 #6 #7 #8 #9 PW AW *
ロフト 20.5 23 26.5 30.5 35 40 45  50
PRGR 番手 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 PW
ロフト 21 24 27 30 34 42 47 53

*のついた#4とAWは6本セットにない、別売りだ。

6番のロフトが7番
6番のロフトが7番

#6で175ヤード飛ばしていたのも、今は昔、最近は160がやっとだったが、M1アイアンなら#6で170ヤード以上飛ぶのである。さらに、最近は慣れて来たので、ロフト以上に飛ばせるようになって来た。

オートマチック

初心者用モデルは”オートマチック”などと呼ばれ、どう打っても、そこそこ飛んで、曲がらない。しかも、ミスショットした感覚もわからない。しかし、M1はよくあった時と芯を外した時の違いが、はっきりわかる。芯に当たった時の飛びは、さすが最新アイアンだ。今まで、2オンできなかったところが狙えるようになって来た。

パー3などで、つい力が入ってしまうティーショットでも、曲がり幅は減って来ている。今までは、170ヤードで30ヤード以上は左に行っていて、OBやトラブルになっていたが、そこまでいかなくなった。当然、インテンショナルフックはかけづらくなった。まあ、そうゆう場面も減るはずである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA