「アプローチもダウンブロー?」続報

アプローチもダウンブロー?」の記事で、下半身はオープンスタンス、上体は飛球線方向(スクエア)で、スイングすると良くなるという、ウェブサイトを紹介した。

早速、練習してみた。

まず、自分のアプローチのアドレスを確認してみると、下半身も上体もスクエアだ。トップもダフりもある。

実際に、下半身だけオープンスタンスにしてみるが、かなり、違和感がある。できても、2、3度という感じだ。打ってみると、確かに、腰のひねりがしっかり取れることがわかる。距離が大きければ、必要ないかもしれないが、不得意の短い距離では、下半身が十分に使える。今までは、無理して下半身を動かすので、出玉の方向が安定しなかったが、この方法なら、上手くいく。

バンカーショットでも試してみた。土手を超えるだけの、抑えた、バンカーショットでは、効果的だ。短いバンカーショットでは、どうしても、緩んで、もう一度、バンカーに落ちてしまうことがある。まあ、大きめに打つのが、一番安全だが、この方法なら、距離感が出しやすい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA