アプローチがボロボロ

直近のラウンドは、ティーショットの調子が良かったのに、アプローチのミスが続き、前半48と伸び悩み、さらに、後半はティーショットも乱れて、56の大叩きになってしまった。

ラウンド後、アプローチ練習してみたが、全く良くなる兆しがない。何が悪いのか、考え直してみた。

失敗の傾向は?

スコアカードでアプローチの失敗をカウントしてみた。

種類 トップ ダフリ ショート オーバー
回数 2 2 5 1
クラブ 58° Pw Pw/52°(1) 58°

ダフリが多かった印象だったが、調べてみると、ダフリは2回しかなく、ショートが一番多い。

ショートした時は、ランニングアプローチで転がすはずだったのに、ボールはフェースの上に乗り、玉が上がり止まってしまった。左足上がりのライもあったが、どうも思った通りではない。クラブ選択が間違っていたとも言える。

オーバーはピンまでの距離で打ってしまうミスだが、ショートが多いので、怖くなって、インパクトで強めになってしまった。

朝の練習は?

ラウンド前の練習はどうだったか思い出してみた。

私は、アプローチの調子をみるため、ラウンド前に次のような練習をしている。

  1. 5〜6ヤードをラフから打つ
  2. 10〜20ヤードを芝の短いところから打つ
  3. バンカーショット
  4. 30ヤードを芝の短いところから打つ
  5. 40ヤードを芝の短いところから打つ

最初の練習で、ほぼ今日のスコアがわかる。高く上がる時は、アイアンショットの調子も良く、スコアも良いことが多い。しかし、低く出る球だと、希望は持てない。この日も、あまり、高く上がる玉は出なかった。

2番は、パター打ちに近い感じで、旗を狙うのだが、この日はショートが多かった。

バンカーショットは、スコアと関係することはないのが経験値だ。この日も、1m以内に寄っていた。

さて3番と4番はフェアウェイからアプローチするイメージなのだが、この日は、ダフってショートするかトップ気味のオーバーしか出なかった。

距離感が出ない理由

なぜ、ショートやオーバーが出るかというと、自分の想定と違う当たり方をしているからだ。

きちんとクラブがボールだけに当たって、地面を叩いていなければ、想定通りの強さで、球が飛んで、距離感が調整できるはずだ。

ダフれば、クラブの勢いは削がれ、ボールは飛ばない。それを、想定して強めにスイングしてトップすれば、オーバーするのは、間違いない。

ということは、正確にボールを打つ練習をする必要がありそうだ。

正確にボールを打つ練習

これは、以前にも調べている。

  1. 手で打たず、体を使う
  2. 手首は使わない
  3. 右手だけで打つ

一番正確にボールを打てるのはパターだと思うが、パターは手打ちしていると思っている人もいるだろう。しかし、パターは、背骨を軸にして、肩と手でできた三角形を崩さずに回転しているので、手で打つというより、上体を回転させて打っている。もちろん長尺パターは別の話だ。

上体を止めて、腕だけを使って正確にボールを捉えるのは、左右の肘や手首の曲げ具合を調整しなければならないので、返って難しくなる。点で狙うのも線で狙うのも難しい。

短い距離だとパターでは、絶対やらない手打ちを、アプローチでは、やっていたかもしれない。

2番目は手首だが、最近は3をやっているので、疎かになっている。右手だけで打つと、利き手だけあって、ほとんど失敗しない。当然、片手なので、クラブの重さに負けて、自然に手首は曲がる。手首を自然に使い、意識して固定していない。少し、気をつける必要がある。

右手打ちの難点は、40ヤード以上の距離は出しにくいことだ。それ以上は、両手で、ショットするしかない。両手で握っていても、右手だけを意識して打つようにしている。ただ、冷静になっていないと、すぐ忘れる。

おまけ

左手だけのショットも練習しているが、右手よりずっと難しい。テニスや卓球のバックハンドが打ちにくいと同じ理由だろう。

左手だけ打つときは、クラブを引くようにしている。よく考えてみると、これで、上体を回しているのだ。何も考えずに左手だけで打つと、途端に手打ちになってしまう。しかし、インパクトでクラブを引くと、左肩をひく、上げる、回すなどして上体で打つようになる。

もう一つ左手打ちが難しい理由は、ボールの位置だ。右手で打つ時は、ボールは腕の回転の中心である右肩より左にあって、頭もビハインドザボールになる。いつものショットとの違和感がない。

ところが、同じアドレスで左手打ちをしようとすると、ボールは腕の回転の中心の左肩より右にくる。ボールを右足のさらに右に置いて打つようなイメージになる。これでは、ロフトは立つし、鋭角にクラブは落ちやすくなる。上がる球は出しにくい。右手主導でスイングするのは当たり前なのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA