100叩き – アプローチ 不調

久々に100を超えてしまった。

原因は、アプローチだ。7打の失敗で、これが、なければ、普通に90台だ。このところ、ほとんど、アプローチの失敗がなく、アプローチは克服したと思っていた。不調の原因を考えてみた。

クラブコントロール

まずは、ラウンド前の練習だ。浅いラフにボールを置いて、10ヤードほどを打ってみる。調子の良い時は、ボールが 1.5mぐらい高く上がる。逆に、悪い時は、トップ気味の低い球が出る。 詳細は「アプローチ備忘録」をご覧いただきたい。

結局のところ、ボールの下に正確にクラブが入らないのだ。

入らない原因が、手や腕の使いすぎだ。これを防ぐために、最近は、片手打ちをやっているが、この日は、それすら失敗する。

慣れないショット

この日は運がなく、難しいところからのアプローチが多かった。例えば、バンカーの脇で、足場がなく、なんとか立つと、膝の20cmぐらい前にボールがあるという始末だ。バンカー越えてすぐにピンがあることも多くて、どうしても高い球で止めたくなってしまった。

そこで、普段使わない56度のウェッジでアローチすることになるが、ほとんど失敗してしまった。

教訓:プレッシャーのかかる場面で、慣れないクラブは使うものではない。

普段、56度はバンカーショット用にしているので、アプローチ練習もたまにしかやらない。しかも、バンスが普段使う52度のウェッジより大きめにしているので、短い芝から打つとバンスが効きすぎることが多い。それを気にすると、逆にザックリやってしまう。

ロフトが寝すぎる

朝のアプローチ練習で、ボールが上がらないと、如何しても、ボールをあげるような打ち方をしてしまう。

普段は、手をフォローで返すのだが、高くあげようと手を抜く感じになる。ハンドファーストのまま、つまり、ロフトが立ったまま、スイングできるのが正解なのだが、悪い時は、ハンドレイト気味になり、ロフトが寝る。

アプローチは直ったように感じて、ラウンドすると、この癖が、ショートアイアンにも影響して、酷いことになる。

9番ぐらいから、飛距離が20ヤードぐらい短くなってしまう。ボールにも、きれいにヘッドが当たった感覚があるのに、距離が全く出ない。ボールは、高く上がった上に、スピン量が多いので、さらに吹け上がって、距離が極端に短くなるのだろう。

この状態で、58度のウェッジのフルスイングをやると、ボールがフェースの上を抜けて、達磨落とし状態になり、全く、飛ばないこともある。

スイングを、小手先で調整すると、こうなる。

修正法は?

プロならどこを直せば、元のスイングに戻せるか、分かるのだろう。

今のところ、私には修正法が思いつかない。強いて言えば、朝練で調子が悪い時は、少しの無理もせず、トラブルの際は、絶対安全な方法で切り抜ける事だろう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA