スイング再チェック

ドライバーイップスが無くなって、スイングの研究もさぼり気味だ。久しぶりにYouTubeを覗いてみると面白げなタイトルがある。

「プロとアマの右肩の動き」かと思っていたら、「正しい」の意味だった。2点に集約すると…

  1. アマはトップで、右肩が上がってしまう
  2. プロは、背骨中心に左右の肩が綺麗に回転している

1はそんなバカなと思って、自分でもシャドウスイングをしてみると、確かに、高いトップを作るために、腕を上げていて、それにつられて、右肩が上がっている。PGAのプロは、前傾が深いこともあり、左腕が、トップで、右肩を超えなくても、高いトップできる。PGAプロも全く肩が上がっていないのではなく、上がり方が少ない。しかし、上記の動画では、体型が同じぐらいのデータということなので、体型による違いでは無さそうだ。

2は、「然もありなん」だ。私の場合は、どうしても、ダウンスイングで、前傾が起き上がってしまう。この方が楽だからだ。どうも、体を捻る事に頭が行ってしまうのが原因のようだ。

もう一つ、目立つ違いは、動画では説明していないが、プロは左手が手の平側に曲がっている事だ。

さて、もう一つ、気になっていたのが、切り返しの後、下半身が先に動いているかどうかだ。そこで、下の動画が参考になった。

この動画だと、下半身の回転が先で、上体が後という事ではなく、下半身がスライドするのに、上体がついてくるという感じだ。バックスイングでは、上体も捻るが、ダウンスイングの始動は、下半身からという事になる。最初に、上体の捻りを解くのではなく、まず体重移動して、左に腰を回転させる。上体は、ただ、それについていくという感じだろう。

女子プロと自分のスイングを見比べてみると、私の方が、手が落ちるのが遅く見える。私は上体を先に動かしてしまって、手が前に出るが、女子プロは、体重シフトで、腕を落としているようだ。体重シフトでは、上体の回転は解けないので、後方からの動画を見ると、胸が見えているのに、手が下に落ちてくるように見える。私の場合は、後ろから見ると、手は、落ちながら回転しているので、お腹の方に手が見える。

次の練習が楽しみだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA