何でも下半身リード?

ドライバーの調子が悪いので、左腰を先に動かす練習をしている。

さて、パターの練習でも、腕と上体を固定して、下半身で打つと、強い球が打てるので、驚いた。やはり、手だけで打つより、体で打つ方が重い球が打てる。パター練習マットで10回連続カップインの練習を行なっているが、1日1回以上は、達成できるようになった。

アプローチの練習でも、下半身で打つと、上手くいくようになった。ただし、アプローチは、強い球が出る一方で、スイングも速くなり、低く強い球が出てしまう。こちらは、パターのようなテンポを守らないと、上手く打てない。

こう考えて見ると、何でも下半身で打つのが良いようだ。ただ、これも、私の感覚なので、実際には、それぞれの人の感覚と合うかどうか、どのように表現するのか、どう感じるのかが、違い難しい。

レッスンで先生の言っていることが判らないことがよくある。あるいは、言われていることが、すぐに実現できないことがある。これも、先生と自分の感じ方が違うからだ。

子供の頃から、ゴルフをやっている人は、最初、体に似合わない、重いクラブを使っている。この為、クラブに振られているスイングをしているが、それが、無駄に力を入れないということかもしれない。また、重すぎるので、手だけでは、打てず、自然と体全体、下半身リードでスイングしている。

以前、ベストアマの競技会をTVで見たが、若い彼らは、プロより、ずっとクラブが振れているように思えた。何も心配をしていないこともあるだろうが、変に体を鍛えたりしていないのか、スイングはほとんどぶれないようだ。

一方、大人になってから、ゴルフを始めるとどうしても、クラブを振ってしまう。これが、上体だけでスイングする悪いクセの元凶だろう。

「パターも下半身リード」と言っても、下半身は止めていて、下半身から上体に繋がっている筋肉を動かして、上体を動かす感覚だ。結果、上体についている腕が動き、腕で握っているクラブが動くわけだ。今までは、腹筋を使わず、肩を回していたのが、腹筋から上で、体を動かす感覚だ。

肩だけを回す方法では、手が先行しやすく、グリップエンドが体の中心からずれやすい。大きなスイングをすると、特に顕著だ。一方、腹筋から動かすと、大きめのスイングでも、クラブをしっかりパットのスイングプレーンにキープできる。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA