頭を固定する

ドライバーの打ち方を復習している。レッスンプロから聞いたメモを見返していると、”頭を動かさないで打つ”というメモが出てきた。

体の硬い私は、頚反射を考えて、バックスイングで、ボールを見ず、右を向いていた。

簡単な実験で、右を向いた方が有利というのがわかる。視線を正面に固定したまま、状態を右に回す。これ以上、回らないと思ったら、顔を右に向ける。すると、まだ少し、右にひねれるのである。当然といえば、当然である。右に回そうとしてるのに、あたかも首から上は、左を向こうとしている。当然、限界になれば、引っかかってしまう。首の向きを固定すると、関節が硬ければ、ひねり自体も小さくなってしまう。

また、このひねり切った状態から、頭を左に戻すと、首、上体とねじれが戻る。頚反射は、猫を逆さに落とすと、頭をまず戻して、背骨を回して、着地する一連の動きである。

この時、私は、ボールは見ていなかったので、見るように注意された。この時は、スイングが安定しない、原因ではないかということであった。しかし、色々なプロのスイングを見ていると、頭の位置は動いていないが、顔の、向きが変わっている人もいる。バックスイング時には、沈み込む人も多い。

ボールは左目の端で見るようにして、顔を右に向けるのは、解禁してみようと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA