バンカーショットがおかしい

アプローチが悪くなってくると、バンカーショットもおかしくなってくる。以前は、距離や方向を狙えたが、最近は、1回で出せないことも多くなってきた。何が悪いのだろう。

フェースを閉じたバンカーショット

バンカーが下手だった頃に、クラブを変えれば、上手くなるのではと考え、クラブを変えてみた。

それまでは、アイアンセットのサンドウェッジだったが、ロフト58度のクリーブランドのウェッジに新調した。この頃は、バンスの知識がなく、「上手い人は、バンスの小さいウェッジを使っている」というだけで、一番バンスの小さいクラブを買ってしまった。

それでも、練習すれば、上手くなるもので、ラウンド毎に何十球も練習していると、上手く扱えるようになってくる。(バンスが砂で削れて広くなったという説もある。)

バンスが小さいウェッジなので、砂は、少なめにとり、フェースは全く開かずに打つ。高くあげたい時は、オープンにするが、1.5 m ぐらいのバンカーなら、苦労はしなくなった。

その後、バンスが大きい方が、ずっと楽だと知り、現在は、56度でバンスの大きいものを使っている。

最初は、楽に出せると感じたが、だんだん、以前の打ち方では打てなくなってきた。多分、バンスが当たって、ヘッドスピードが落ち、距離の制御ができなくなったんだろう。

そこで、バンスを使う打ち方に変えてみると、今度は、全く距離がでない。(5ヤード)

結局、フェースを開かずにゆっくりスイングして、距離を合わせている。

しかし、これでは、ここぞという時にうまくいかない。これが、最近、失敗の多い理由だ。練習場では出せても、ラウンドではうまくいかない。

バンカーショットは、フェースを開いて思いっきり打つ

バンカーショットの打ち方を、ググってみると、下の動画が見つかった。

この動画だと、バンカーショットは飛ばさないショットで、そのためには、思いっきり振るとしている。

なぜか強振するか?フルスイングの方が失敗がないからだ。

砂をたっぷりとって、砂ごと飛ばすショットなら、ボールも高く上がり、あまり転がらない。フェースを40度ぐらい開いてしまえば、ボールを直接打つこともなく、強く振っても、ホームランはない。

ホームランが出ないことがわかれば、強く振れる。

実際やってみると、かなり振らないと、1.5 m の高さで、20ヤードを飛ばすのは、大変だ。少し、弱めだと、バンカーからでない。

硬いバンカー

この動画では、雨が振った後の湿ったバンカーの打ち方も解説していたが、日本では、冬の凍ったバンカーもある。

まずは、下が凍っている事を知らなければならないが、これが、結構、難しい。

凍った地面は2cmぐらい下にあり、バンカーに入った時に、気づかない。バンスを使うと、硬い面にクラブがあたり、跳ね返る。地面に跳ね返されないように、しっかりグリップするのが良いのかもしれない。

私は、土の上にボールがあると思って、普通のアプローチを試みている。今のところ、脱出には成功しているが、本来は、硬い面の場所を想定して、スイングするのが良いのだろう。

これは、次の課題だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA