ついに原因発見?

ずっと違和感を感じていたドライバーショットに少し光明が差した。まだまだ、安定とまでは行かないが、ラウンド前の練習だけで、かなり感じがつかめた。

体重移動の間違い

きっかけは、プロギアのサインエンスフィットがゴルフダイジェストのサイトで掲載している記事「一度身につけばずっと忘れない腰の切り方」だ。

要約すると、腰を回しているつもりで、実は、左右(飛球線方向)に動いているだけというものだ。いつからか、私も一生懸命、右足で、蹴って、体重移動をしているが、これは間違いということになる。右足で蹴ると、軸足は左足になり、腰が回転できたとしても、右腰が前に出て、上体も突っ込む形なる。

記事では、椅子を後方に置いたり、足の間に、カゴを置いたりする練習方法を紹介している。

体重移動:プロアマ対決

ここで、以前見た、AMG (Athletic Motion Golf ) の動画を思い出した。嫁さんと「体重は足のどこにかかっているか?」という論争で、私はつま先を主張し、見事、この動画で、間違いとなった。

プロは、最初こそつま先(母指球あたり)に体重があっても、ダウンスイングで、一気に、左の踵に体重が移動する。体重は、前には動かず、まっすぐ左、飛球線方向に動いて、後ろに移動する。

一方、アマは、最初、踵側に体重が有り、ダウンスイングで、右爪先から、左爪先へ体重が移動する。全体の重心は左前に移動している。

アマは前に動く

私も、左に体重を移動させようとするのだが、右足の爪先で、飛球線方向と直角に蹴り出してしまっている。背骨の周りで、左回転させるのであれば、背骨の右側では力の方向は前と考えてしまうのだ。結果、右腰は前に出る。この時、プロは、右足の小指側の縁全体、足裏の右縁に体重がある。結局、アマは、左足も爪先に体重が乗っていて、全体的には左前に体重は移動するしかない。左足が軸足になっている格好だ。

また、頭も当然、左や前に動く。この動きで、無理に頭を残そうとしても無理だ。

プロは後ろに動く

プロは、インパクト時に左腰が後ろに動いていて、反時計回りに、腰が正しく回転しているので、手は体から離れた位置で球に正しく当てられる。自然に、インサイドアウトの軌道になる。

一方アマは、腰が前に出てしまい、手は球に近づくので、体を起こしたり、手を引いたり、ヘッドを戻さないようにしないと、球にヘッドは当たらない。フェースが開くが、無理にやれば、地面を叩く。体に近いところを手が回っても、体自体が、前に出てしまっているので、飛球線方向には振れない。

この日は、前後左右にドライバーショットが散ってしまったが、パットが31と好調で、辛うじて100を切った。ドライバーのチーピンOBと、池がらみのパー3で、力んだ挙句に、まさかの池ぽちゃの合計4打がなければ、そこそこである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA