トレーニング3日目

「ロシアンパワー養成法」を始めて、3日目。近くの鳥かご練習場で、トレーニング前の状態を測るつもりで出かけてみた。3日目と言っても、今日のトレーニングは、この直前なので、実質2回だ。また、19種類の運動は全てやれていないし、3〜5セットと言われても、そこまではできない。

それはさておき、早速、あちこち筋肉痛だ。ジムに通い始めた時は、最初だけで、今では、すっかり筋肉痛とはご無沙汰だ。今回も同じだろうか?筋肉痛は、特に、鍛えていなかったところ、トレーニングが効いたところに、出ている。手で、ゴムを引っ張っているだけなのに、全身を使う様にしているので、やはり違うのか?。

さて、いつもの様に、ウェッジから練習する。特に、何も違わない。普通だ。Zeppのセンサーで測定すると、ヘッドスピードは34 m/s。6度のアウトサイドイン軌道で、いつもと変わりない。インパクト時の腰の角度が19度で、これは、以前より小さい。調子の良かった時は、45度以上あったので、この辺りが不調の原因かもしれない。

最近は、あまり、下半身リードを気にしなくなったので、上体から先に動いているのかもしれない。

7番アイアン、4番アイアンと打って、苦手の3番ウッドを打ってみると、なんと、ヘッドスピード 40 m/sも出ている。最近、3番ウッドが当たる様になってきたと感じていたが、やはり、数値がいい。Zeppのアプリの採点スコアも91だ。

ドライバーを打ってみる。結構、いい。ヘッドスピードが42出ている。コースでもこの位振れたらいいのだが。

良い感触の原因は、アドレスの時の感じである。トレーニングが効いたのか、しっかり立てる。バックスイングしても、ふらつかない感じだ。前傾キープして、振り抜ける。ただし、まだ、手が浮き気味だ。手の軌跡が7度のアウトサイドと記録されている。インパクト時の腰の角度も43度と良いのだが、まだ、上体から打ちに行っているのだろう。

ドライバーの調子が良かった去年の11月でも、90点は出ていなかった。ジム通いを始めた直後(3月末)に、一瞬、調子が上がり、ヘッドスピードが43まで行った。評価点も92点だった。ただ、6〜7月は、大叩きオンパレードだった。

これも、同じなのか?それとも、持続するのか?

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA