ドライバーが良くてもダメ?

週末の前半は課題のドライバーが調子良く、なんと、6ホール目まで、パー3を除いて、すべてフェアウェイキープである。しかし、スコアはボギーかダボで、スコアは伸びない。

アイアンがイマイチで、2オンできない。さらに、アプローチがイマイチで、ピンに寄らない。長いパターを残して、2パットがやっとである。

どうやら、先人の言う通り、アプローチは磨かないといけないようだ。最近は、アプローチ練習場が混んでいて、どうも、サボり気味だ。なりふり構わずやらないと、うまくはならないようだ。

結局、8ホール目にドライバーがおかしくなり、ボギーオンを狙った、アプローチショットも、30cm高さが足りずに、バンカーの壁にめり込んだ。何とか、バンカーの外に、1回で出ても、そのあと、アプローチがトップして、グリーンオーバー。縁から寄せようとすると、今度は、ダフって、2度打ち。9オンである。

次のホールでも、バンカーの壁にささり、脱出に3打叩いた。最後の2ホールで、9オーバーである。

実は、7ホール目のパー3でも、大きく引っ掛け、2つ目のダボが出ていた。どうやら、スタミナ切れだったのかもしれない。その前のホールで同伴者が、トラブルで、リズムが変わったのもあるかもしれない。

2つ目のダボだったが、残り2ホールで、悪いにせよ、50を切れるなと思ったのも、まずかったようだ。実際は、1打ぐらいなら取り戻せるかもと、意気込んでいたのである。

今週の教訓は

  • アプローチ練習はサボらない
  • 残り3ホールに気をつけろ
  • 結局、「よーし」と意気込むとミスショットする

である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA