復活したドライバーショットのチェック

ボール位置を近づけることで改善したドライバーショットは、今週の練習でも好調だ。以前、練習場で撮った動画をチェックしてみると、全体的にスイングの違和感がない。そこで、以前比較した、身長が同じぐらいの女子プロ、下村真由美プロのスイングと改めて比較してみた。

アドレスでは、ボールが近くなり、上体が起きている。大体の女子プロの前傾角と同じぐらいだ。驚いたことに、以前の方が、上体がボールに近い。

赤い線がプロ、青い線が改善前、黄色が今回だ。

青の以前のアドレスでは、随分、前屈みになっていた。結果ハンドダウンも大きい。

黄色の今は、ハンドダウンの量もプロとほぼ同じだ。

こんな感じで、プロはスタンスしているのか!

 

 

次はトップだ。これも、プロと大分似ている。トップの位置がまだ低めだが、以前より、改善している。

ボールとの位置を変えるだけで、これだけ変わるとは、驚きだ。

ヘッドは背中、頭の下辺りにあり、この位置では見えない。ちょっと、オーバースイングかもしれない。

以前は、前傾していた為か、右腰が上に上がっていくような感じだったが、今は、腰は水平に回っているようだ。

プロは、もう少し、右腰が後ろに回っているようだ。

左肘はほぼ伸びている。

最後にダウンスイングの途中だ。

以前(青)では、アドレスより前傾が起き、上体が回ってしまい、クラブは体の前方に出ている。クラブが前方に出ているので、体を起こしているのかもしれない。

クラブが前に出るので、水平に回している感じがある。タイミングが狂うと、出玉が左右に散り、さらに、狂ったスイング軌道でボールに当てようとするので、ボールに左右の回転がかかりやすい。ヘッドが大回りすれば、手間に引き込んで、スライス。内側から入れば、外に逃げて、フックが出る。

今回(黄色)は、手の位置が、以前(青)より大分下に下がっている。これが、縦振りしている感覚になるのだろう。縦になる分、ボールの後ろから、真っ直ぐ当たるようで、左右にぶれなくなった。ストレートボールも多くなった。

この、手が下に落ちているところが、全体のスイングに違和感がなくなった要因に思える。

しかし、まだ、女子プロとの違いは大きい。プロは、この時点で、まだ、上体が回っていない。腕が先に下におりて、手の位置は、まだ背中側にある。

下半身リードを意識しすぎて、手を動かさないように、止めてしまっているのかもしれない。

トップで、ヘッドがクロスして、ヘッドが回りにくいのかもしれない。

記事”ダウンスイングのスタート”で、下半身で腰を回すより先に、左に動くことで、手が下がる感じが出ることがわかったが、最近は、実践していない。ボールを近づけた状態で、実践していないので、次の練習でやってみよう。

課題は下記だ。

  • トップでのクロスを減らす。スライスを恐れて、トップでフェースが上を向いていないのが原因?左手首を外側におるとフェースは開く。トップで左手首を外側におらない?右手首をおる?(外側。甲を腕側に。蕎麦屋の出前持)
  • 切り返しで体重を左に移動。つられて、手が落ちる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA