散々だったラウンドを分析 その2

またまた、大叩きが出てしまった。100切りも安定してきたと思っていたら、この有様だ。早々に、スコアを分析してみた。

苦手は何処のホール?

スコアカードを細かく、つけるようになっていたので、問題のコースの統計データを見てみた。

意外や意外、インの方が断然難しいという意見が多いコースだが、平均スコアは、0.5打しか違わない。私は、アウトの方が、難しいと感じていたが、やはり、言われているインの方がスコアが悪い。このように感じるのは、平均+2以上のスコアのホールがアウトには5ホールもあるからだろう。インは、意外にも3つしかない。ただし、+2.75〜3.5と酷い。

もう一つ意外なのは、パー3のスコアが良いことだ。200ヤードと距離のある、池がらみのホールだけが+1.25で、他の3つは、平均3台だ。

最もスコアの悪いのは、18番のパー4で平均+3.5だ。左右林で、右はティーショットとセカンドショットで、OBの可能性がある。今回は、フックが多く、右プッシュアウトにならず、OBに捕まらなかったということだ。

名物の池がらみ右ドックの17番も意外にも+1.75とそこそこだ。無理して池ごえを狙わなければ、なんとかなるということだろう。

次にスコアが悪いのは600ヤードを超えるパー5で、+3だ。セカンドショット以降も苦手のウッド系で打つ必要があるので、どうにもならないという感じだ。

今回の敗因は?

さて、ここまでは、統計的な分析だが、今回のラウンドを見てみると。ティショットの失敗が大きい。前半はパー3を除いて、全部失敗だ。さらに、ウッドもティーショットと同じようにフックして、セカンドショットで、取り戻すこともできない。後半は、半分は成功とやや復活した。今回は、ずれ幅も大きく、ペナルティを4回、8打分も余計にくらっている。

失敗は、ほとんど(左に出て、左に曲がっていく)フックで、原因はバックスイングが浅くなり、手が先行する為と思われる。ちなみに、練習場では、やや右に出るストレートか、失敗してスライスのどちらかだった。後半は、バックスイングが深くなったというよりは、手が遅れて、タイミングが合った。

解決策を探るために、「ゴルフ ラウンド中 急なフック」で、検索してみると、植村啓太プロのゴルフダイジェストの記事が出てくる。(Lesson.49 ラウンド中のフックを即効修正!その1)この記事では、「フォロースイングの途中、3時の位置からスイングを始めて、素振りを繰り返し、体を動かすことを覚えさせる」とあった。

実は、遠因は別にあるとも思っている。月例やスタートホールなど緊張する場面で、フックの失敗は良くある。また、素振りをしないルーチンを取り入れていることも、関連しているだろう。ルーチンのほうは、アドレスをする前に、素振りすることで、この対策を取り入れることができそうだ。

続きの記事では、ボールを意識しすぎないこと、ボールを右目に置くことを勧めていた。

私の場合は、右プッシュアウトもあるため、両サイドを気にする必要がある。実は、右に行くことがあるので、それを気にして、バックスイングが小さくなり、左に引っ掛けるそうだ。

今回は、知人の中で、最も上手な人と回ったのですが、その方でも、最終ホールは左に曲げて、私のような球を打っていました。つまり、誰でも引っかけを打つ可能性があり、それでも打たないのは、練習で、しっかりコントロールしているということです。救いは、私にも同様に可能性があることだ。

ボールの種類は?

前回のラウンドで、ここ数ラウンド、ロングパットのタッチが合わないのは、スリクソンにボールを変えた為という、疑念を抱いていたので、今回は、以前使っていた、タイトリストに戻してみた。

結果は、37パットで、ボール容疑説は、微妙だ。7 m以上のパットは11回で、最初のパットで2 m以下に寄ったのは、6回だ。寄らない5回は、全て3パットになった。それ以外で3パットは出なかった。

前回は、もっと短い距離で3パットになっている。7m以上は5回しかなく、その中で最初のパットで2 m以下に寄らなかったのは2回で、それは3パットになっている。前回は、5mぐらいで距離が合わなかったということになる。5 mぐらいでの3パットが2回あった。

スリクソンのボールの方が、飛距離が出て、曲がらない印象が強い。パットのタッチが合うように練習をした方が、全体のスコアは良くなりそうだ。

アプローチは?

アプローチの失敗は3打で、そのうち2回は80ヤードの距離が合わなかった。もう一打は、左足下がりの難しいライなので、いたしかない。80ヤードはピッチングで打つはずだったのをすっかり忘れている。

さて、次回は、失敗が教訓となるか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA