突っ込みを治す?

前回のラウンドで気になった事を直そうと、近くの鳥かご練習場に行った。気になったのは、アプローチの失敗とドライバーの天ぷらだ。

ウォーミングアップして、苦手の52度のウェッジを打つと、早速、シャンクだ。力んではいけないと、ゆるゆるグリップのままダフると、マットにヘッドが当たって、ヘッドの方向が回ってしまうタイプのシャンクだ。インパクトで、しっかり握る様にして、なんとかヘッドにあたるが、今度は、トップ気味だ。

時間制の練習場なので、球数を気にせず、連続して打っていると、感じがつかめた。スイングが速かったのだ。打ち急ぐと、体の正面で、ボールを捉えられなかったり、ヘッドを無理に動かそうとしたりして、ボールにうまく当たらない。テンポをゆっくりにして、ヘッドの重みを感じる程度のリズムで打つと治った。一安心だ。パターのイメージが良いのかもしれない。

ついでにティーアップしたボールを打ってみると、50%ぐらいの確率で、うまくいく。しかし、ミドルアイアンは、まだ、打ち込み過ぎている様で、マットに当たって、ヘッドが滑ってから、ボールに当たる様だ。

これは、払う様な感覚で、クリーンに当てる意識で打つと、治った様な気がした。

次が、ドライバーだ。今日は、思っ切り振れる。素振りは、今まで以上に早くなった感じだ。そのまま、打ってみると、球が全く上がっていない。アイアン打ちになっているというか、左に、体が突っ込んでいる様だ。ひょっとすると、アイアンも同じ原因かもしれない。

ダウンスイングで、左に行きすぎるのは、バックスイングで、右に行き過ぎているに違いない。バックスイングで、右腰を後ろに引くのを意識して、ダウンスイングでは、左脚でしっかり踏み込み(といっても、飛球線方向でなく、後ろへ)、治った。

この時は、マン振りはできない。ある程度、コントロールしながらになるので、思いっきりのスイングにならない。これが、良かったのかもしれない。

次の本番まで、記憶しておける事を夢見て、今日はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA