ドライバーショットの何が悪い?

アイアンとの比較

相変わらずのドライバー不調である。一緒に回った方から「#4アイアンがあんなに綺麗に打てるのに、ドライバーショットが全然飛びませんね。」と言われてしまった。「分かっちゃいるけどやめられない」です。そこで、今まで気にしていなかった、アイアンショットもZeppのスイングアナライザーでチェックして見た。

長さが極端違うPwとドライバーを比べてみると、手の軌跡がずいぶん違う。もちろん、Pwとドライバーではシャフトの長さがちうので、上体の前傾が違う。したがって、手のスタートの位置を合わせると、トップではずいぶん位置が変わる。これは、後方からの図で良くわかる。

一方、正面からの図では、同じスイングなら、手の奇跡は、ほぼ重なるはずだが、全く違う。Pwは、バックスイングで右への移動がはっきりわかる。ドライバーでは、右回転を意識して、その場で、回っている。これは、最近気をつけていることなので、その通りの結果である。

しかし、よくみると、Pwでは、バックスイングのスタートから、円弧に沿って、手は上がっているのに、ドライバーでは、やや後方に回転してから、持ち上がっている。この辺りが問題かもしれない。

ダウンスイングで、Pwは右へ移動した分、大きく左へ移動している。

インパクトで手の位置が上がるのは、長いドライバーを持ったときだけと思っていたが、Pwも同じである。スイング自体の問題と言うことになる。

フォローでは、左回転を意識しているので、円弧がぐっと小さくなっている。これは、ドライバーも同じだ。これは、意識しすぎで、円が潰れている。

ダウンスイングからフォロースイングでは、左の回転を意識しすぎて、結局、左脇を軸にして回転してしまっているようだ。左足を踏み込むはずが、右足で蹴っている。

最近、気になる、トップでのクロスも右回転(バックスイング)を大きくしたためかもしれない。今までの手の動きで、右回転を大きくすれば、当然、トップで、クラブは右を指すことになる。この辺り、バランスが必要と言うことになる。

下半身を変えたら、上半身も合わせて変えないと、バランスが取れない。この辺りが、最近、不調の原因かもしれない。

オーバーバックスイング

ドライバーのバックスイングでは、明らかに、右回転を意識しすぎて、手が後方へ回り込んでいるようだ。右腰を後ろに早く引いているためか、手が後ろに持っていかれる。これなら、手はもっと外を回らないと、背骨の軸に合った軌道を描かない。以前のスイングと比較すると一目瞭然だ。水色が数日前、黒が5ヶ月ほど前のスイングだ。現在のスイングでは、うまく当たっても右へプッシュアウト間違いなしである。飛球線方向後方へ手を動かす意識が必要だ。

しかし、アイアンではなぜそうならないのだろう?違うのは重さと、長さである。ドライバーは重さが100g軽く、長さは、#5アイアンとでも7インチ(=約17.5cm)は違う。取り回しの優しさは、慣性モーメントに関係していると思われる。そう考えると、軽いドライバーの方が、重いロングアインより、さらに、回しにくいと考えられる。バックスイングのスタート時には、アイアンより、力が必要なはずである。切り返しでもドライバーの方が力がいるだろう。

クラブとスイング平面を見てみると、もう一つ違うところがある。クラブは以前の方が、回っているのは一目瞭然だ。また、ダウンスイング中に、以前は、ヘッドが内側を回っていたが、今は、ほとんど変わらない。

これは、手の力みで、手首が動いていないからである。なんと、トップの位置は、以前の方が低いのに、クラブはもっと回っている。これも要改善である。

まとめ

まとめると

  • 手の軌跡 – バックスイングで内側に回り込んでいる。フォローでも、同じだろう。
  • 回転に意識が集中しすぎ て、結局、正しく回転できていない。
  • 脱力 – 腕を含めた、上半身に力が入って、大きなスイングができいない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA